予防&治療で紫外線に負けない、美白肌を手に入れよう

侮れない睡眠

自身の治癒力

スキンケアを徹底したり、美白治療を受けることも美白への近道ですが、それと同時に忘れてはいけないのが自分自身の治癒能力です。
美白治療などでは手早くシミやそばかすを取ることができますが、それ以外の場面ではどれだけメラニン色素を沈着させないか、そして沈着してしまった場合ターンオーバーで排出してしまうことが重要となってきます。
ターンオーバーはスキンケアなどである程度コントロールし、周期を整えることができますが、それでも中々周期が安定しない場合は、自身の内側に眠る治癒力が重要になってきます。
その治癒力の秘訣は睡眠にあり、そして、成長ホルモンに隠されていると言って良いでしょう。

しっかり寝よう

睡眠のゴールデンタイムといわれる22~2時にしっかりと睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌されるようになっています。
この成長ホルモンは肌のターンオーバーに欠かすことのできない成分で、スキンケアをきちんとしているのにターンオーバーが上手くいかない人は成長ホルモンがきちんと分泌されていない可能性が高いです。
仕事や生活リズムによってはこの時間にきっちり睡眠をとるのが難しいと言う人も多いでしょうが、四時間全ては無理でも、24時頃には布団に入って2時間ほどゴールデンタイムに睡眠をとると言ったことはそう難しくないはずです。
少しでも美白のためになることをしたい、と考えるのであれば是非今一度、普段の生活習慣にも目を向けてみてください。