予防&治療で紫外線に負けない、美白肌を手に入れよう

原因を知ろう

紫外線が大きな原因

シミやそばかすの原因と言えば紫外線にある、というのは大抵の人が知っていることかとは思いますが、紫外線が具体的にどうシミやそばかすを作っているのかを知らないと言う人は多いのではないでしょうか。
本来人の肌の基底層にはメラノサイトというところでメラニンが生成されます。
これは紫外線から肌を守ってくれるものなのですが、紫外線を浴びすぎて生成量が増えてしまうと、ターン―オーバーで排出されるはずのものが排出されきらず、結果として肌に残り、いわゆる色素沈着をおこしてしまい、それがシミやそばかすと言う形となって残ってしまうのです。
肌にメラニンが残ってしまっても、次のターンオーバー、そしてまた次のターンオーバーと待てば次第に排出されていくので、紫外線量の減る冬になるにつれてしみやそばかすが薄くなると感じた経験があるかと思います。
ですがターンオーバーがキチンと言っていない肌では残ったメラニンが排出されないので、ずっとシミやそばかすが肌に居座ることになってしまいます。

肌をくすませる習慣

異常が美白が難しい、中々美白を徹底できない一番大きな原因となりますが、美白の敵は何も紫外線ばかりではありません。
紫外線が一番の原因となっているものの、本来肌のターンオーバーがキチンと言っていればそれほど美白に悩む必要もないのです。
だからこそ、肌のターンオーバーを阻害する不規則な生活、ストレス、タバコなどは隠れた原因となっている場合があります。